中途採用実態調査から見る中高年に必要なスキル | 株式会社ミデア

Webサイト、採用サイト企画制作、Webコンサルティング 中高年向け人材紹介事業の株式会社ミデア(東京・飯田橋)

株式会社ミデア
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2-28 飯田橋ハイタウン435

問い合わせ Q&A

ミデアブログ

最新ニュースをお届けします

制作した採用サイトに関するトピックスや、Web関連のニュース、人材紹介サービスの最新求人情報など、ミデア社員が日々働くなかで出会った耳寄りな情報をお届けするブログです。

中途採用実態調査から見る中高年に必要なスキル

2018.04.09

中途採用実態調査から見る中高年に必要なスキル

中途採用実態調査から見る中高年に必要なスキル

40歳を過ぎ転職を考えたとき、自身の年齢が非常にネックになってしまうように感じます。しかし、本当に年齢はネックなのでしょうか?少々前になりますが、人材サービス産業協議会が2013年11月に出した「中高年ホワイトカラーの中途採用実態調査」から、実際中高年に求められているスキルはどのようなものか、みてみたいと思います。

データを見ると3年以内に40歳から55歳までの人を中途採用した企業は30%以上にのぼることがわかります。また、40歳から55歳までの人を10名以上採用した企業は、企業規模が大きくなるほど増加し、1000名以上規模の会社にいたっては、51.7%が10名以上の採用を行っています。

門戸が広いとはいえないまでも、“年齢がネックになる“とは一概には言えないことがわかりました。

中高年社員を中途採用したい理由としては「その人が優秀であれば、年齢は関係ないから」「豊富な経験を必要とする仕事だから」が50%を超えています。一方で、中高年社員を中途採用したくない理由としては、「給与が高いから」37.6%、「新しい仕事を覚えるのに時間がかかるから」27%となっています。

転職を成功させるためには、給与・仕事、両面での柔軟性のアピールが必要になってくるようです。

実際に採用する際に重視することは「人柄」が65%。つづく「専門職種の知識や経験」58.7%より高い割合となっています。また採用時に決め手となったものをみると「専門職種の知識や経験」43.6%、「業界での知識や経験」42.1%と知識や経験が重視される結果となりましたが、もっと評価しておいたほうがよかったこととなると「人柄」25.4%、「専門性以外の職務遂行能力」23.7%が1位と2位を占めています。

中高年の転職では「知識」「スキル」がかなり重要視されることがわかりますが、知識や経験だけが評価されるわけではないようです。選考に挑む際は経験とは別の力として「人柄」「職務遂行能力」をアピールすることで、道が開けるといえそうです。
(ライター カトウヒロコ)

ミデアの転職サポートはこちら

Search

カテゴリー