中高年で転職するなら知っておきたい「目標」と「目的」の違い | 株式会社ミデア

Webサイト、採用サイト企画制作、Webコンサルティング 中高年向け人材紹介事業の株式会社ミデア(東京・飯田橋)

株式会社ミデア
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2-28 飯田橋ハイタウン435

問い合わせ Q&A

ミデアブログ

最新ニュースをお届けします

制作した採用サイトに関するトピックスや、Web関連のニュース、人材紹介サービスの最新求人情報など、ミデア社員が日々働くなかで出会った耳寄りな情報をお届けするブログです。

中高年で転職するなら知っておきたい「目標」と「目的」の違い

2018.11.05

中高年で転職するなら知っておきたい「目標」と「目的」の違い

中高年で転職するなら知っておきたい「目標」と「目的」の違い

突然ですが、「目標」と「目的」の違いを明確に答えられますか?

「目的」は目標に比べ抽象的で長期にわたっておく最終的なゴール、「目標」は目ざす地点や数値、数量を具体的に設定し目的に至るまでの過程です。(例を挙げるなら以下のようなケース)
「目的」:業界売上NO.1の飲食業者になる
「目標」:今年度売上高前年比200%、リピーター獲得前年比150%

特に中高年の転職では、「目標」と「目的」の違いを明確に理解しておくことが重要になってきます。なぜなら、採用する企業側の課題やニーズの解決と大きく関係してくるからです。中高年採用では、企業は課題を解決してくれる人を探しています。その課題を「目標」として捉えるか「目的」として考えるかで、その人の将来性や活躍の期待度が変わってくるのです。

先の例でいえば、“リピーター獲得前年比150%“という課題を解決することを「目的」とすると、達成の時点がゴールになってしまう可能性があります。しかし、“リピーター獲得前年比150%“という課題を解決することは「設定する目標」であり、その先に企業が目指す”業界売上NO.1の飲食業者になる“という目的があると認識ができている人材ならば、さらなる活躍が期待できるといえます。

転職先の企業の「目標」と「目的」を仕分けして理解し、大きな視野で仕事ができるとアピールすることは中高年転職で欠かせません。また、自分自身でも転職自体が「目標」にならないよう、転職を経て何を成し遂げたいのかという「目的」をしっかり定めることが重要です。採用の場面で自分自身の、また応募する企業における「目標と目的」についてきちんと語ることができるよう、ぜひ準備をしてください。

ミデア採用ページボタン

Search

カテゴリー