転職面接「採用したくなる」質問への答え方のヒント | 株式会社ミデア

Webサイト、採用サイト企画制作、Webコンサルティング 中高年向け人材紹介事業の株式会社ミデア(東京・御茶ノ水)

株式会社ミデア
〒〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-10 山口ビル4F

問い合わせ Q&A

ミデアブログ

最新ニュースをお届けします

制作した採用サイトに関するトピックスや、Web関連のニュース、人材紹介サービスの最新求人情報など、ミデア社員が日々働くなかで出会った耳寄りな情報をお届けするブログです。

転職面接「採用したくなる」質問への答え方のヒント

2019.03.18

転職面接「採用したくなる」質問への答え方のヒント

転職面接「採用したくなる」質問への答え方のヒント

「面接」の成否を分ける大きなファクターとなる質疑応答。面接官はただ単にその人に質問を投げかけるだけではなく人柄、コミュニケーション能力、仕事へのやる気といったさまざまな要素を推し量ろうとしています。

今回は転職面接に臨む前に知っておきたい、面接の要点のなる部分を幾つかピックアップして紹介していきたいと思います。

■質問には”ズバリ”と答える

例えば、「あなたの長所は?」という質問にどう答えますか?多くの人が陥りがちな失敗が「私は〇〇をやっていて~」など具体的なエピソードを述べる答え方です。…具体的に答えるのがダメ?いえいえ、具体的なのはむしろ良いのです。ここで問題なのは、結論が不明瞭なまま長いエピソードを語ってしまうことなのです。

ぜひ「私の長所はコミュニケーション力が高いことです」など最初に「結論」を述べましょう。まず「結論」を言った後、裏付けとなる「具体的エピソード」を肉付けしていけば着地点が見えている聞き手にとっては聞きやすく、なにより面接官に知的なイメージを与えることができます。

■時には「失敗」について語ることも大切

人は自分を正直に語る人間に魅力を感じます。面接では「自分を良く見せよう」と緊張してしまい「失敗」に触れることは敬遠しがちですが、その後の行動がポジティブであればかえって印象は良くなります。エピソードはとにかく具体的に話すことを意識しましょう。失敗やミスについても誠実に説明し、何を学んだかを述べれば大幅印象アップ間違いなしです。

本番では緊張してしまうという方は、話したいエピソードをノートにまとめておくといいでしょう。考えるだけでは言葉として出てきづらくても、一度言語化してアウトプットするとぐっと思い出しやすくなります。

■面接官にとって好印象な「逆質問」

面接官から「何かご質問はありますか?」と逆質問をされることがあります。転職しようとしている企業の担当者に何も聞きたいことが無い、というのはむしろ不自然。適切な質問をした方が「やる気、熱意」のアピールになります。ただ、ネガティブな質問をしてしまうと逆に印象を悪くしかねません。相手にポジティブな印象を抱かせる「逆質問」について考えてみましょう。

大事なのは、相手の企業をポジティブな方向に掘り下げることです。「残業はどれぐらいありますか?」という質問はネガティブな印象を与えてしまいますが、面接官に対し「あなたが会社に感じていらっしゃるのはどのような魅力ですか?」と聞けば、相手は良い印象を抱くでしょう。

さまざまなポジティブ質問のなかでも、鉄板なのが「この会社にどのような魅力を感じますか?」という質問です。面接前に、逆質問するなら何を聞くかシミュレートしておくといいかもしれませんね。

最後に、全体的に注意するべき点についてお話しします。それは「相手の話したいこと」「相手の聞きたいこと」を強く意識して話すことです。特に中高年の男性は相手の話の腰を折ってしまったり、自分の知識について話そうとする傾向が強いようです。「相手」を意識した対話を心がけましょう。面接官に「一緒に働きたい」と思われる採用面談になることを願っています!

Search

カテゴリー