目標を具体化する言葉「たとえば?」「そのためには?」 | 株式会社ミデア

Webサイト、採用サイト企画制作、Webコンサルティング 中高年向け人材紹介事業の株式会社ミデア(東京・御茶ノ水)

株式会社ミデア
〒〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-10 山口ビル4F

問い合わせ Q&A

ミデアブログ

最新ニュースをお届けします

制作した採用サイトに関するトピックスや、Web関連のニュース、人材紹介サービスの最新求人情報など、ミデア社員が日々働くなかで出会った耳寄りな情報をお届けするブログです。

目標を具体化する言葉「たとえば?」「そのためには?」

2019.05.09

目標を具体化する言葉「たとえば?」「そのためには?」

目標を具体化する言葉「たとえば?」「そのためには?」

リーダーに必要な能力と言われたらどのようなものを想像しますか?求められるリーダーシップの形は変化しつつあります。以前には「的確な指示を出し、目標達成まで導いてくれる」そんな姿が優秀なリーダーだった時代もあります。

しかし昨今求められているのは、リーダーが全てを決めて指示をするトップダウン方式ではなく、目標、手段をチーム全体で決定していく能力なのです。

優秀な人が陥りやすいリーダーの落とし穴

「全てを決定してしまうリーダー」には、もともとが優秀な人ほどなりやすいものです。「1から10まで指示するタイプ」のリーダーの場合、他のメンバーの自己決定感が全くないので、指示通りに動きはするものの、メンバーそれぞれが納得せず動いてしまうこともあります。

結果としてやらされ感が強くなり、目標達成への意欲も高まらず、最終的に目標を達成できないメンバーが出てきてしまいます。リーダーは、たとえ目的を達成するための最適な道筋が見えていたとしても、それを全て指示するのではなく、メンバー達に己で気づかせる必要があるのです。

目標を達成するための道筋が見えているか

そもそも目的達成のための道筋が見えていないリーダーも存在します。メンバーに対して「どうすればいいと思う?」とひんぱんに尋ねるタイプの人です。メンバーに自己決定感があるのは良いのですが、答えや道筋が間違っていたら、目標達成が困難になるでしょう。

リーダーには、メンバーの考えや行動が正しいのか見分ける能力が必要です。誤っている場合に、適切なアドバイスによって彼らを導く必要があるのです。

最初からできる人はできると言い訳をするリーダーもいますが、メンバーの実力に依存しないと目標を達成できない時点で、既にリーダー自身の存在意義が無いと言えるでしょう。メンバーの考えが課題に対し正しいかどうかを本人に任せている時点で、運任せにしているのと同意義なのです。

目標を具体化するための質問

リーダーに求められる重要な役割のひとつに、メンバーの立てた目標を具体化しやすくなるような問いかけをし、各々に仕事のやり方について考えさせるというものがあります。誰かにただ指示されて仕事をこなすより、自分で決めた方法で目標達成する方が、自己決定感があり、モチベーションも上昇するからです。

個人に目標の決定を任せると、「〇〇に注力する」「△△を徹底する」などの漠然とした目標を立てがちです。そこで活躍するのが2つの質問、「たとえば?」「そのためには?」です。

「〇〇に注力する」と言ったメンバーに対して、「たとえば?」と問いかけます。本人は暫く悩んだ後に「たとえば、〇〇です」とより具体化した答えを返すことでしょう。

「△△を徹底する」と言ったメンバーに対しては、「そのためには?」と問いかけます。「そのために△△する」との答えが、まだ抽象的で具体性に欠くものだった場合は、さらに重ねて「そのためには?」「たとえば?」と尋ねるのが有効です。

「たとえば?」「そのためには?」この2つの質問は人の思考を具体化してくれる魔法の言葉なのです。

メンバー自身が答えを見つける

今のリーダーに求められるのは、より具体的な行動をメンバー自身に考えさせる能力です。「〇〇を達成する」という成果目標を、具体化する質問によって「そのために△△する」というプロセス目標に変換することで、実際のアクションや成果にも繋がりやすくなります。

ただ指示するのではなく、答えを見つけやすいように誘導することによって、メンバーの自己決定感を高め、仕事の能率を高めると同時に、自身で考えるための力、ひいては個人の成長を促します。

今回紹介した「たとえば?」「そのためには?」の2つの武器が有効なのはリーダーだけではありません。メンバー自身も、自問自答でこの2つを繰り返すことで、より目標を具体化する能力を身に付けられるでしょう。部下のマネジメントに悩む管理職の方、2つの魔法の言葉さっそく試してみませんか?

ミデア採用ページボタン

Search

カテゴリー